• このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年度下半期 大感想戦!

[投稿日]2014年5月7日 16:20

2013年下半期 大感想戦!
新年度に突入してはや一ヶ月。2014年度のアニメも盛り上がっていますが、今回は2014年1月期の作品、さらに2013年度下半期のランキングを振り返ります。

2014年1月期の総合順位
【アニ×me】では毎週、押された各話の[ミタ]を集計、そのランキングを発表しています。今回は2014年1月期に放送が開始された作品を中心に、2013年12月末から2014年4月1週目までの[ミタ]の累計のランキングを見てみたいと思います。
この時期に放送が開始された新番組、1月期クール作品のランキングの1位は『のうりん』となりました。農業高校を舞台に個性的な面々が繰り広げられるラブコメディで、制作は2013年後半に注目を集めた『のんのんびより』も手掛けたSILVER LINK.です。作品イメージにも、その『のんのんびより』と、どこか重なる部分があるかもしれません。地上波での放送も舞台地である岐阜県のぎふチャンを始め、全国で4局しかありませんが、BS・CSでの放送や動画サイトでの配信で全国ネットの作品に勝る[ミタ]数を集めました。
そして、2位は、こちらもある意味、予想外の『ノラガミ』です。人気コミックを原作にボンズが制作した本作は、アニメ化にあたってオリジナル要素を盛り込みつつ、原作の雰囲気を活かした、丁寧な作風に評価が集まったようで、【アニ×me】でもコンスタントに上位をキープしていました。
そして、3位が『鬼灯の冷徹』です。DVD・BDが大ヒットするなど1月期の作品の中ではトップの人気を誇ると思われますが、【アニ×me】では3位に甘んじる結果となりました。『鬼灯の冷徹』に関しては、上記2作品に比べ冬季オリンピックによるイレギュラーな放送状況が発生するなど、[ミタ]数を集計するランキングでは不利な状況だったもしれません。ただ、この[ミタ]数に関しても翌4/13分までのデータを集計すると、1位『鬼灯の冷徹』、2位『のうりん』、3位『ノラガミ』と順位が逆転しており、これら上位3作品は非常に僅差の争いであったといえます。 そして今期、健闘を見せたのが8位の『となりの関くん』と9位の『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』でしょうか。『となりの関くん』は地上波ではテレビ東京1局での放送ながら、『のうりん』同様、CS局や動画配信により[ミタ]数をキープしました。また、『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』は、独特の世界観やストーリー展開で話題を呼びましたが、上位作品に一歩及ばず9位という結果になりました。ただ、上位10位内では唯一原作コンテンツを持たないオリジナル作品でもあり、原作人気という“援護”を持たないことを考えると大健闘かもしれません。
その他、『未確認で進行形』『ニセコイ』といったラブコメ作品、さらに『中二病でも恋がしたい!戀(第2期)』『生徒会役員共*(第2期)』と人気作品の続編といった作品がランクインしており、圏外ではありますが11位に『桜Trick』、12位が『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』と続きます。1月期は「美少女」や「コメディ」といった要素を持った比較的ライトな作品が視聴されていたようです。
[ 2013/12/20〜2014/4/6の週間ランキングの変動:2014年1月期作品 ]
2013年4月期以降に放送が開始された作品全体を見ると、1位は『凪のあすから』、2位に『キルラキル』という10月期作品が1・2フィニッシュです。瞬間的には他作品を圧倒する一方で落ち込みもあるという、作品イメージにも似た順位変動を繰り返した『キルラキル』に対し、安定して上位にあり続けた『凪のあすから』が、10月期ランキングからは逆転、1位を勝ち取りました。
そして、3位には『進撃の巨人』、4位に『<物語>シリーズ セカンドシーズン』と上半期の強豪作品がランクインです。しかし、5位以下に『ゴールデンタイム』『弱虫ペダル』『東京レイヴンズ』といった10月期作品がランクインしており、10月期はベストテンの半数を占めています。やはり、リアルタイムで放送されていること、そして放送期間の長さが優位に働く傾向にあります。実際、10月期の大感想戦では1位だった『境界の彼方』は10位にも入っていません(第33位)。逆に、放送が終了してもランクインしている『進撃の巨人』『<物語>シリーズ セカンドシーズン』といった作品の強さが光ります。
そんな中、『のうりん』『ノラガミ』のベストテン入りは総話数が半分程度ということを考えると大健闘というべきでしょう。





(C)2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会
(C)ウドパートナーズ
(C)Nitroplus/そにアニProject
(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
(C)SS-SBCr/NP
(C)河森正治・サテライト/ALC/GP/ノブナガ・ザ・フール製作委員会
(C)SUNRISE/BUDDY COMPLEX COMMITTEE
(C)江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹製作委員会

関連作品

関連記事

アニ×meランキング

2017秋アニメのランキング

もっと見る