• このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなのレビュー
機動戦士Vガンダム
  • 7 世間的な知名度は低いけど、自分にとっては不朽の名作!
  • 機動戦士Vガンダム
  • TVシリーズとして放送された富野監督作品として、時系列的に宇宙世紀ガンダムの最後に当たる作品。
    アムロやシャア、カミーユといったキャラクターが出て来る作品とは、作中の時間で50年ほど開いており、物語としてはほぼ独立しています。
    主人公のウッソ・エヴィンは13歳で、ガンダム主人公として最年少。
    低年齢の子供向け作品とする事を狙った設定らしいですが、実際の物語はかなり大人向け。
    作中の主役メカであるヴィクトリーガンダムも、おもちゃとしてアピールの強い合体変形機構を有し、その戦い方もギミックを生かした面白い物でしたが、いかんせんシナリオや人物描写がシリアス過ぎ、低年齢層へのウケは難しかった様です。

    その分、ある程度、自分自身が年を取ってから見直すと、世界観の重厚さや登場人物の深い葛藤に共感できます。
    特に、13歳にして最新兵器を使いこなし、戦争と言う異常な状況においても冷静さを保ち、<ネタバレ>環境に見事に適応していく少年主人公の異常さは、自分が主人公の年齢を大きく追い越した今だからこそ、ジワジワと感じる物でしょう。

    ガンダムシリーズ共通の戦争テーマに加え、宗教問題や環境問題、家族のあり方についても言及した本作は、やや盛り込み過ぎで消化不良&展開の乱暴さを招いている面もありますが、それらのテーマに果敢に挑んだ姿勢は評価に値すると思います。
    口当たりが良く分かり易い作品が評価される昨今においては、全体的に重く暗く爽快感も無いので、ガンダムシリーズの入門作としてはとても勧められませんが、初放送時16歳だった自分に与えた衝撃は計り知れず、自分にとっては並ぶ物の無い不朽の名作です。
    特に最終回のラストシーンは必見!

レビューを投稿する

レビューを探す
  • を含む
  • ネガポジ
  • ネタバレ
  • 投稿対象
  • 文字数
アニ×meランキング

2017夏アニメのランキング

もっと見る